お墓の種類

これまで、「○○家代々之墓」というように「家」のお墓が主流でした。近年は、お墓に対する考え方も多種多様になり、お墓の形やあり方も様々になっています。

家墓 家単位のお墓。家族が代々入る、家族の遺骨を合祀する一般的なお墓。
両家墓 夫婦双方の家のお墓を、一つの家で継承するため、夫と妻のそれぞれの先祖を一緒に祀るお墓。
個人墓 特定の一人だけの遺骨を納めるお墓。独身者で後継ぎがいない人など。
夫婦墓 夫婦単位で一つの墓石。子供のない夫婦が建てる場合が多い。
共同墓 血縁のない人たちが一緒に埋葬され、記念碑や塔などが建てられる。遺骨は骨壷で納骨される。
合祀墓 骨壷単位ではなく、土の上に一緒に埋葬される。
トップへ戻る