お墓にかかる費用

お墓を建てるには、永代使用料、年間管理料、墓石建立費(石材費、工事費用、石材の加工費、付属品の設置費用など)がかかってきます。また開眼供養や納骨法要の費用も必要です。
寺院の墓地に新たに建てる場合には、檀家になるための費用(入檀家志納金)がかかる場合もあります。確実に必要な、永代使用料、管理料、開眼供養費を差し引いて、墓石にかけられる予算を考えましょう。
一般的に民営墓地にお墓を購入すると、永代使用料を含めて二百万〜三百万が相場とされています。墓地の場所や規模、墓石の種類によって価格には大きな差が出ます。

  • 永代使用料
永代使用料は、地域や土地の広さによって異なります。公営、民営、寺院墓地によっても、経済主体、立地条件によっても違ってきます。

1区画あるいは1uあたりの料金の目安
 

寺院墓地 25万〜60万円前後
公営墓地 20万〜70万前後
民営墓地 20万円〜150万円前後

※ただし東京の寺院墓地は、1uあたり200万円前後が多い。

  • 管理料

墓地を購入したら、規定の管理料を毎年支払う必要があります。墓地の共有部分の維持管理にかかる費用となります。墓所の外の草刈り、水道料金、墓地全体の清掃等にあてられます。管理料の支払いを怠ると、永代使用権が失われる場合があるので、注意しましょう。
1uあたりの年間管理料の目安

寺院墓地 3,000〜30,000円
公営墓地 300〜3,000円
民営墓地 1,000〜5,000円
トップへ戻る