お盆の時期

お盆とは

お盆は、先祖の霊が帰ってくると伝えられています。正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。語源は梵語の「ウラバンナ」です。意味は地獄の責めから救うこと。餓鬼道に落ちて苦しむ弟子の母親を、お釈迦さまが供養して救ったという故事がはじまりです。
家庭では先祖の霊が帰ってくる時期といわれています。

 

お盆の時期

お盆の時期は7月13日を「お盆の入り」、16日が「お盆の明け」です。この4日間をいいます。旧暦の7月、または8月15日前後にお盆を行う地方もあります。
盆入り前日には仏壇を清めます。そして先祖の霊を迎え入れるための、盆棚(精霊棚)を設けます。

お盆の墓参り

先祖の霊を墓まで迎えに行くという意味があります。ですのでお盆の初日の朝に行くのが最も適しています。
盆入りの夕方には、帰ってくる先祖の霊が迷わないよう、庭先や玄関でおがらを燃やします。これを迎え火といいます。
盆明けの16日の夕方には、送り火をたいて先祖を送ります。

 

お盆の行事は、地方によって異なるようです。お墓で提灯に火を灯し先祖の霊を家まで案内する地域もあります。

初めてのお盆「新盆」

亡くなって初めて迎えるお盆のことを「新盆(初盆)」といいます。四十九日の忌明け前にお盆を迎える場合は、翌年が新盆となります。
新盆には近親者や友人が集まります。僧侶に読経してもらいます。精進料理でもてなし、手厚く供養をします。
霊が迷わないように、お盆の間は提灯を軒先か仏壇の脇に飾ります。夜には明かりを灯します。
近親者が盆提灯を送る習慣おあります。正式には白い提灯に喪家の家紋を入れたのもを一対送ります。最近は模様入りの提灯を送る場合も増えています。

盆棚

盆棚は、精霊棚ともいわれています。近年は仏壇の前に小さな机を置いて、すのこや真菰(まこも)を敷いて、簡単な盆棚を設けることが多いようです。
仏壇から位碑を移し、花立、香炉、燭台を置きます。また季節の果物や野菜、水をお供えします。また、先祖の霊の乗り物といわれるなすやきゅうりで作った牛や馬を作って置きます。お盆の期間は、仏壇の扉は閉めておきます。

 

なすときゅうりで作った先祖の霊の乗り物は、迎え火の時は家の中に向けます。送り火の時は極楽に行けるように、家の外に向きをかえます。

トップへ戻る