改装とはお墓を移転すること

お墓が遠くにあって、なかなかお墓参りに行かれない。お墓を現在の住まいの近くに移したい。という理由で、お墓を移転する場合があります。このように、遺骨を今あるお墓から、新しいお墓へ移して埋葬をし直すことを、お墓を改装するといいます。
お墓を改装するには、まず、遺骨を移す新しい墓地を決めます。今あるお墓に埋葬されている遺骨が、全て収蔵できるか?同じ宗旨・宗派のお墓が建てられるかなどをきちんと調べ、墓地を探しましょう。
その後、今お墓のある市区町村役場に行き、改装をするのに必要な、改装許可書を発行してもらいます。改装許可書を発行してもらう為には、新しい墓地の受け入れ証明書と、今墓地のある埋葬・埋蔵証明書、改装許可申請書が必要です。

寺院に改装許可書を願い出る

今あるお墓の管理者に改装を申し出て、埋葬証明書の発行を願い出ます。墓地の管理者にとっては、お墓の改装はあまり望ましいことではないようです。特に寺院墓地においては、檀家でなくなってしまうといことなので、快く思われないことが多いようです。改装を願い出ても、承諾されるまで数日かかる場合もあります。一方的に改装を願い出ることはやめ、まず墓地の管理者に相談するという形から話を進めていった方が良いでしょう。改装の理由を誠意を持って伝えましょう。

改装許可申請に必要なもの

改装に必要な書類形式は、各自治体で違います。申し出る市区町村役場に確認をして揃えましょう。印鑑、発行手数料も必要です。

 

新しい墓地の墓地使用許可書(永代使用許可書)

新しい墓地の使用権を取得する時に発行されます。

 

受け入れ証明書

新しい墓地の管理者に、改装を願い出て発行してもらいます。市区町村によっては、墓地使用許可書で代用できる場合もあります。

 

埋葬(埋蔵)許可書

申請された遺骨が、きちんと埋葬されているという事実を証明するもの。今墓地のある管理者に発行してもらいます。納骨堂の場合は、納骨(収蔵)証明書となります。遺骨一体について一枚必要ですが、複数記入ができる場合もあります。必要事項を記入し、押印した改装許可申請書に今あるお墓の管理者の署名、押印してもらい、それを埋葬(埋蔵)証明書とする場合もあります。

 

改装許可申請書

今あるお墓の市区町村役場でもらうことができます。必要事項を記入して押印します。遺骨一体につき一枚必要の場合と、複数記入できる場合があります。

 

死亡者の戸籍(除籍)謄本

今あるお墓の墓地使用者(墓地使用承継者)と改装許可書の申請人が違う場合、必要となることもあります。

お墓の改装費用

  • 移転先の墓地の墓地使用量・管理料
  • 新しい墓石の健墓費用
  • 今あるお墓の御霊抜き法要の費用
  • 今あるお墓の処理費用
  • 墓地を更地にする費用
  • 移転先の墓地の開眼・納骨法要費用
  • 改装事務手続き費用
トップへ戻る