塔婆立

浄土真宗を除く仏教では、法要の当日に施主や参列者が供養のために、卒塔婆を立てるしきたりがあります。
そのためお墓には、卒塔婆を立てる塔婆立を設置します。浄土真宗では不要です。
塔婆立は、基本的に墓地の背面に設置します。外柵に組み込まれたタイプのものもあります。
素材は石製やステンレス製で、1本立て、複数立てなど、材質やサイズにも様々な種類があります。

卒塔婆

浄土真宗以外の宗派ではしきたりとして、年忌法要や納骨法要に、卒塔婆供養といって、施主や参列者が卒塔婆を立てます。

 

「卒塔婆」という言葉は、梵語の「ストゥーパ」からきています。意味は「塔」を表しています。インドではお釈迦様の遺骨は、8の国に分骨がされ、それぞれの国で塔を建てて供養したと伝えられています。
その塔は後に五輪塔に変化を遂げました。その五輪塔がさらに簡素化され卒塔婆になったといわれています。

 

卒塔婆に刻んである5文字は、この五輪塔の五輪を表したものです。卒塔婆には角塔婆と板塔婆の二種類があります。法要では板塔婆が供養されます。

 

卒塔婆を立てることは、仏教において最も良い供養とされます。

卒塔婆供養

卒塔婆は故人1人に対して1本立てても、複数本立ててもかまいません。
また卒塔婆を立てるのは、年忌法要の時以外にも、祥月命日やお彼岸、お盆などお墓参りに来たときであれば、いつでもかまいません。

 

卒塔婆供養では、板塔婆に戒名や経文、五大思想を表す梵字の空・風・火・水・地の梵字、建立年月日などを書きます。書いた卒塔婆は、墓石側面の卒塔婆立てに立てます。まっすぐに立てた後、墓前でお参りをします。

 

卒塔婆供養をする場合は、事前にその旨を寺院に申し出ます。寺院が卒塔婆を用意してくれます。

トップへ戻る