お墓の重要部分 カロート

カロート・納骨棺は遺骨を納める小室です。
墓石のしたに位置するので、表からは見えませんが、お墓の最も重要な部分です。
墓地によってはあらかじめカロートが指定されている場合や、指定されたタイプのカロートしか使用ができない場合もあります。
カロートのタイプは地域によっても異なります。ですが、おおよそののタイプを知っておくと、墓地を探す際に確認ができます。

 

カロートの底

遺骨の納め方には、骨壷から出して納める場合と、骨壷のまま納める場合があります。遺骨の納め方の違いで、カロートの底も変わります。
・遺骨を土に還す場合
遺骨が土に還るよう、遺骨を骨壷から出して納めます。布や袋に包んで納めたり、そのまままくようにします。この場合はカロートの底はコンクリートや石で作らず、土のままにします。
・骨壷のまま納める場合
遺骨を骨壷に入った状態で納める場合は、カロートの底もコンクリートや石で造られます。たくさんの骨壷が納められるように、柵を付けたものや、骨壷がいっぱいになったら、古い遺骨を骨壷から出してまくことができるよう、底の一部を土のままにしたものがあります。

 

カロートの地上タイプ・地下タイプ

カロートは地下に埋め込むタイプと、地上に出たタイプがあります。
地域によって、どちらにするかが違います。お墓の敷地の大きさや、形態によっても違ってきます。敷地がかなり狭いお墓では、地上型が良く用いられています。

トップへ戻る