お墓に使用される石材の種類は、数百種類以上あります。お墓は子々孫々、長い年月守っていかなければなりません。墓石はすぐにかけてしまったり、崩れてしまっては困ります。墓石にふさわしい石材とは、硬度が高く、水分の吸収が少なく、傷やムラがなく模様が均一、磨くと光沢がでる、などがあげられます。墓石は屋外で風雨や日差しにさらされるので、耐久性の高いものを選ばなければなりません。石材の水分の吸収が大きいと、劣化して崩れてしまったり、刻んだ文字が見えにくくなったりします。
お墓を建てる土地の気候・風土にあった石材を選ぶことも重要です。年間雨量が多い、寒暖の差が激しい、海が近いなど、その土地の影響を受けるからです。その土地で、長く墓石として使われてきた石材ならば、間違いないでしょう。

 

もちろん、見た目の美しさも大切です。色や光沢など、いくつか見比べて選択しましょう。

白、黒、青、緑など、色によっても墓石のイメージはずいぶん変わってきます。和型の墓石には、グレー系の石材が多く用いられています。洋型やデザイン型では、赤っぽい色の石材を使ったり、さまざまな色の石材を組み合わせることもあります。色に関しては、何色が良く、何色が悪いという決まりはありません。石目の大きさや微妙な色の違いを良く見て、好みの色の石材を見つけましょう。

価格

国産の石材は産地によって、それぞれ銘柄が付けられています。伝統的に使用されており名の通った石材や、産出量の少ない石材は大変高価です。もちろんこれらの石材は、品質の良い石材であることは確かです。しかし、輸入石材でも安くて質の良いものはたくさんあります。
墓石の価格は石材の価格の他に、加工法やデザインによっても変わります。加工法やデザインも合わせた価格で検討しましょう。

産地

国産の石材は生産量が限られているため、現在ではインド、スウェーデン、南アフリカ、アメリカ、韓国、中国など様々な国から輸入されています。国産の石材は良質のものが多いのですが、輸入石材も良質なものがたくさんあります。

トップへ戻る