宗教法人である寺院が管理・運営する民営墓地を寺院墓地といいます。
寺院墓地を使用する場合は、原則としてその寺院の檀家になる必要があります。檀家とは寺院の経営・維持を協力する役目を担い、お布施をする家をさします。檀家はその寺院の宗旨・宗派に従います。お墓の継承者がいなくなった場合には、永代供養をしてもらうことができます。
近年は永代供養墓を設置する寺院墓地も増え、檀家にならないで寺院の墓地を持つケースもあります。また寺院境内の墓地を檀家向けの墓域と、一般向けの宗派不問の墓域に分けて運営している寺院墓地もあります。
寺院墓地の永代使用料や管理料は、一般的に他の墓地よりも高めです。お墓を購入する際に檀家になる場合は、入檀家志納金を納める場合もあります。金銭面においては、負担が大きいでしょう。しかし、法要の際の墓地と寺院との行き来が近くて楽、日ごろから僧侶の回向が受けられるなど、寺院墓地のメリットは多く、人気があります。

寺院墓地の特徴

経営主体 寺院などの宗教法人が管理・運営する
募集 必要な時期に申し込みできる
申し込み資格 その寺院の檀家に限られる墓地と、檀家にならなくても良い墓地とある。
使用料・管理料 公営墓地と比較すると割高。檀家になると寺院経営維持のために、寄付やお布施が必要。

寺院墓地の長所・短所

寺院墓地の長所

・経営が安定している
・檀家になると、すべての法要が寺院で執り行うことができる
・日常的に僧侶の回向を受けることができる
・住職と交流ができ、親しみやすい
・管理が行き届いている
・法要の際、寺院とお墓が近くて便利

寺院墓地の短所

・同じ宗派に限られる場合が多い
・宗派を問わない寺院でも、法要はその寺院の宗派で行われる
・永代使用料、管理料が高め
・都市部では空きが少なく、取得が難しい場合が多い
・石材店が指定されている場合が多い
・墓石の経常制限がある場合が多い
・檀家になると、寄付やお布施でお寺を支える義務を負う

トップへ戻る