お墓を建てるにあたって

お墓を建てるのは、一生に何度もあることではありません。
ご先祖、ご家族、ご自分のために、
心から納得のいくお墓を建てるためにも、
墓地や墓石を時間をかけてじっくりと選んでください。

お墓はどこに建てる?

お墓はどこにでも建てて良いというわけではありません。
「墓地・埋葬等に関する法律」通称「墓地埋葬法」により、
「墳墓」を死体の埋葬や焼骨を埋蔵する施設、
「墓地」を墳墓を設けるために
都道府県知事の許可を得た区域と定義されています。

 

埋葬や埋蔵をする場所はこの「墓地」に限られています。
わが国ではこの「墓地」以外の他の場所に埋葬することはできません。
たとえ、広い土地を所有していたとしても、
そこに墓を建て、遺骨を埋葬することはできません。

 

それに違反すると、死体遺棄罪として罰せられることもあります。

お墓を買うということは?

「お墓を買う」といいますが、
お墓の場合は墓地となる土地の所有権を買い取ることはできません。

 

お墓の場合は、墓地の所有者との契約し
「墓地を永久に使用する権利を得る」ということです。
この権利を「永代使用権」、
その権利を得るために支払う代金を「永代使用料」といいます。
「永代使用権」は代々子孫に継承できます。
第三者に売ったり譲ったり、墓地以外の目的では使用できません。

 

また、継承者がいない場合には、権利が消滅してしまいます。

お墓はいつ建てる?

お墓を建てる時期には決まりがなく、いつ建てても自由です。
お墓がすでにある場合は、四十九日の法要に納骨を行うのが一般的です。

 

しかし、亡くなってからお墓を新たに建立する場合、
四十九日までにお墓を用意するのは、
時間的にも金銭的にも大変厳しくなります。

 

葬儀後一年以内にお墓を建て、
一周忌法要、遅くとも三回忌までには納骨し、
供養しするようにしたいものです。

 

 

墓地だけを先に購入する

生前に墓地だけを購入しておいて、
墓石を建てずにおくことも可能です。
この場合は墓地によって、遺骨がないと購入できない場合や、
墓地を購入してから何年以内に墓石を建てなければならない、
という規定がある場合もあるので、確認が必要です。

 

生前墓を建てる

生きているうちに建てるお墓を「寿陵」といいます。
中国の長寿を願う風習からきたもので、「寿陵」を建てると長生きするなど、
縁起が良いものとされています。
生前墓の墓石には生前戒名や俗名を刻んで朱色に塗っておき、
亡くなってから朱を落とします。

 

生前墓を建てておくことで、遺族に負担がかからない、
自分の好きなデザインのお墓を建てられる、
お墓は相続税の非対称なので節税になるなどのメリットがあります。

トップへ戻る